医療従事者の キャリア と不動産投資

医療従事者の キャリア と不動産投資

『医療従事者のライフプランと、不動産投資のプランを把握しておく』
医療従事者の方達は日々多忙であるケースが多く、全く関わり合いのない不動産投資の勉強にまで手が回らないのが現状です。
そこで、自らのキャリアプランと不動産投資のプランがマッチするかどうか、プロに相談してシミュレーションを立てておくと安心です。例えば同じ医療従事者であっても、結婚していて子供がいるAさんと独身で仕事にまっすぐな Bさんでは全くキャリアが変わってきますし、取り組むべき不動産投資の スタイル も異なります。
このような場合、将来にわたって不動産投資と付き合う事になるため長期的な運用シミュレーションを見る必要があるかもしれません。

2.500万円台からも不動産投資が可能

不動産投資は早い時期に始めておけばおくほど資産が増える可能性が高まります。『そのうち 落ち着いたら始めよう。』このように考えていた方は多くいらっしゃるのではないしょうか。しかし、このようにお考えの方は不動産 投資の世界 では負けてしまうのです。
何故なら不動産投資は『早く始めるほど有利』だからです。不動産投資はローンの支払いを家賃の収入で相殺しますがこの 仕組みは何年たっても変わらないのです。しかし唯一変わってくるものが『時間』です。時間は誰にもコントロールできないので投資の世界では運用できる時間そのものが非常に重要視されています。

例えば20代 、 30代 、40代までは どのタイミング で不動産投資を始めてもかかる費用は全く変わりませんが 50歳を超えてくるとフルローンが組めないケースもあり、月々の ローン 支払額は増加してしまいます。加えて早く運用を始めた人はローン完済後に売却を考えた場合にも 良い条件で売却するタイミング をうかがう事ができますが遅く始めた方はその時間が短くなります。そうしているうちに貴重な投資チャンスを失ってしまうのです。少ない資金で始められる新築マンションの不動産投資のメリットはリスクの低さにあります。リスクが低い代わりに長期的な運用を行う必要があるのです。

という事は早く始めれば始めただけお得と言えるのではないでしょうか。 35年のローンを組んだ場合、 例えば 50歳から不動産投資を始められた方は 84歳までローンを支払わないといけません。日本人の平均寿命を考えるとローン完済が84歳でも悪くはないですが仮に 30歳で不動産投資を始めた場合は 64歳でローン完済となり 65歳以降はストレートに家賃収入を得られます。今の内から計画的に備えておくことで将来の安心を手に入れることができるのです。
不動産投資のイメージが沸かない方は将来の経済不安に備えて投資をスタートする事がおすすめです。

年金対策、保険対策としてなにから始めるべきかお困りの方はコチラから。
プロの専門スタッフがアナタのお悩みを親身にお聞きしお答えします。

勉強会、セミナーも定期的に開催しておりますのでお気軽にお申込みください。
セミナーの開催日を見る

資料請求 個別相談 セミナー情報