良い不動産とは『住む人にとって居心地の良いこと』

良い不動産とは『住む人にとって居心地の良いこと』

良い不動産投資には良い不動産が必要です。では、良い不動産とは何でしょうか?『リビングが広いマンション... 』『 ベランダで BBQができるマンション... 』 とイメージすると色々あります。その他良い不動産とはオーナー目線で考えた場合、物件が割安である、人気の地域にあるといった条件がありますが、そこに住む人にとっては『居心地が良い家』 である事が第一条件であり、絶対条件です。

だからと言って あなたが住みたくなるような おしゃれな物件を購入しましょうという意味ではありません。根本的な入居者の賃貸ニーズを 捉える必要があるという事です。賃貸ニーズを捉えるといっても実は簡単です。時代の流れに合わせた物を選ぶだけだからです。例えば今最も賃貸ニーズが高い場所は『 東京 』 です 。 何故なら 東京は国内で最も人口が集中している場所だからです。人口が多いという事はそれだけを借りるニーズも沢山ありますし、将来的にも安定的な入居率が期待できます。更に東京の中でも近年密かに 増加し続けているのが 地方からの『単身者』です。

2015年に 東京都政策企画局が発表した『 2060年までの東京の人口推計』によると東京の単身世帯は 2055年まで減少しないという データ が出ています。以上の事から今日本で最もニーズの高い不動産は単身者の入居がつきやすいワンルームマンション で間違いないでしょう。

不動産を持つと、働けない間の収入にも

男性と違い女性の場合は結婚、妊娠、出産などのライフイベントがあり、一定の期間働くことができない場合があります。また、医療従事者はハードワークであるため、急に体調をくずしてしまうかもと不安になることもあるかもしれません。
そんなときに気がかりになってしまうことが、やはり収入についてではないでしょうか。かと言って安定的な収入を確保していくのは楽な事では ではありません。最近はコンビニなどで高齢者の方が働いている姿をよく見るようになりましたが例えばコンビニアルバイトの場合 10万円稼ぐには 週 5勤務で 6時間のシフトで 1カ月働く必要があります。(コンビニバイトの全国平均時給 892円で算出 )

もちろん本人が働きたくて働いているのであれば全く苦ではないでしょう。しかし、お金を捻出するために働いているとしたら...少し厳しいかもしれません。そんな厳しい世間の中、もしも貴女 だけ 何もしなくても入ってくる毎月 10万円お小遣いがあったらどうでしょうか?若いうちから資産形成を行っておくことで不安を解消し、不動産の賃貸収入があると、ゆとりをもって生活をすることができます。

まとめ

今回は女性医療従事者と不動産運用の相性について触れました。女性の場合、男性の医療従事者と比べ様々なライフプランが存在します。バリバリ男性以上に働く方もいれば、結婚等を機にワークライフバランスを考え家庭と仕事を両立する方、又は仕事から離れてしまう方など各個人の人生は男性以上にイレギュラーです。そんな働く女性方に対して不動産運用はぴったりな運用と言えるでしょう。

年金対策、保険対策としてなにから始めるべきかお困りの方はコチラから。
プロの専門スタッフがアナタのお悩みを親身にお聞きしお答えします。

勉強会、セミナーも定期的に開催しておりますのでお気軽にお申込みください。
セミナーの開催日を見る

資料請求 個別相談 セミナー情報