高齢化社会で医療のニーズはますます高まる。

高齢化社会で医療のニーズはますます高まる。

少子高齢化の影響で医療が一層必要になってきている日本 ですが、地域によっては未だ病院のない場所もあります。
なので十分な医療を受けられる地域かどうかというのは自治体の課題となっています。
増え続ける高齢者に対して医療業界は人手不足の状況が続いており、特に看護師不足や東京一極集中型の薬剤師、医師の偏在は大きな問題になっています。
そのような影響もあり医療技術には格差が起こり魅力的なクリニックを探して遠方でも通う人が増えています。

資産形成に時間を割かなくて良いので本業に集中できる

キャリアアップを目指す医療従事者は診療時間以外でも 最新医療の勉強等 多忙です。医療の進歩は日進月歩のため、魅力的なクリニックであり続けるには日中は診療を行い夜や空いた時間に最新治療や理論を学ばなくてはなりません。

その為資産形成にかける時間があまりないので手の掛からない不動産投資がオススメです。また不動産投資をすることで節税効果も得られます。 日本の税金制度は収入が高くなることに比例して支払う税金も増えていく累進課税制度なので節税を行う為には所得を減らすことが必要になります。そこで効果的な手段が不動産投資なのです。不動産投資を行うと減価償却費、管理費、修繕積立金、固定資産税がかかります。

赤字経営なら所得税を節税できる

節税をしつつ資産形成を行う手段として不動産運用をあえて赤字にする方法があります。いわゆる赤字経営というものですが、特に不動産と取得した初年度は諸々の経費があるので大きな赤字を作ることができます。ここでいう赤字というのは全てがあなたのお財布から出ていくものではなく、減価償却費のように帳簿上の赤字 (数字上のみの赤字 )を生み出せる項目もあります。

その為、手元の現金を減らさずに赤字を作ることができ、本業の所得と合算することにより払い過ぎた税金を還付金として戻すができます。経営者の場合であれば広く経費項目が認められており交際費や交通費等日常生活でかかる費用を経費で落とすといったお話はよく聞くところですが雇用されている方の場合基本的にそうはいきません。

日々多忙な業務をこなし、やっと訪れた月末の給与明細を見て「え!なんでこんなに税金払わないといけないの!?」とびっくりされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。近年不動産投資をスタートさせる医療従事者は増加傾向にありますが、今回の 節税 という キーワード も不動産運用を始められる方が増加している要因の一つなのです 。

年金対策、保険対策としてなにから始めるべきかお困りの方はコチラから。
プロの専門スタッフがアナタのお悩みを親身にお聞きしお答えします。

勉強会、セミナーも定期的に開催しておりますのでお気軽にお申込みください。
セミナーの開催日を見る

資料請求 個別相談 セミナー情報