医療従事者の資産運用に不動産投資をおすすめする5つの理由

医療従事者の資産運用に不動産投資をおすすめする5つの理由

不動産投資は、医療従事者の方が資産運用を行うのに最適な手法のひとつです。こちらでは、医療従事者の方が不動産投資を行うメリットや、ほかの方と比べた際の優位性についてご紹介します。

余裕を持った資産運用で忙しい医療従事者に最適

「不動産投資はなんだか規模が大きくて難しそう……」
「忙しい毎日の中で不動産運用なんてできるかな?」
不動産投資・運用に対し、このようなイメージをお持ちの方も多いでしょう。ご想像のとおり、不動産投資・運用をすべてご自身で行うとなれば、本業どころではありません。借り手を探して、家賃交渉をして、ときには物件の清掃をして……言い出せばキリがないほどです。忙しく過ごされる医療従事者の方々には、現実的な資産運用とは言えないでしょう。

しかし、そんな不動産投資・運用をスムーズかつ手間なしで簡単に行う方法があります。それが「不動産管理会社への委託」です。
もちろん、すべて自分で行う場合に比べて費用はかかります。しかし医療従事者の方が不動産運用に要する時間と比べれば、不動産のプロである管理会社に丸投げしてしまうほうが、圧倒的に費用対効果が高くなります。

・その他投資商品の場合
世の中には不動産運用以外にもさまざまな投資商品が存在します。
たとえばFX( 円安・ドル高など、為替の変動を予想し取引して利益を出す投資手法)。空いた時間にできるといった考え方もありますが、結局は自分の手を動かさなくてはなりません。また、就労中に値動きが気になってしまうという懸念も考えられます。加えて、ハイリスク・ハイリターンという特性から、多忙な医療従事者の方には難易度が高いと言えるでしょう。

その他、投資の代表格として株式投資があります。成功のためには日本経済を読み解く知識が必要になり、日々の情報収集が必要です。FXや株式同様、医療従事者の方が本業の傍らで行うのには非常に難しい投資手法であると言えるでしょう。

高い信用力を活用して不動産投資を実現

医療従事者の方々は、病院の規模にかかわらず社会的信用が非常に高い傾向にあります。医療業界という安定した業界職であることに加え、国家資格を保有している方も多くいらっしゃる点が、金融機関からの高評価につながります。この信用を活用することで、低金利かつ幅広い融資枠の獲得が期待できるでしょう。

・一般サラリーマンよりも有利に資産運用
会社員の方と医療従事者の方とが、同じマンションの新築区分を購入した際のこと。医療従事者の方は、会社員の方より有利な条件で、かつ幅広い融資を得られたという事例が実際にございました。たとえ会社員の方の年収が同程度だったとしても、信用力はやはり医療従事者の方が上です。
信用力の高さは大きな融資金額と低金利につながり、それは結果として物件の選択肢を広げるメリットとなります。より優良物件に出会える可能性が高まり、不動産運用自体の成功率も上がります。

医療従事者の長期的な安定収入を確保

医療にかかわる仕事はハードワークも多く、将来的に医療従事者として勤務し続けられるかを不安に思う人は少なくありません。医療従事者の方でなくても、「いつまで自分は元気に働き続けられるだろうか?」と不安に思うこともあるでしょう。
こうしたお悩みを解決するには、将来的な安定収入の確保が大切です。お金の悩みは病気と同じで、症状が発生してからでは手遅れになる場合で多いです。

早いうちから長期的な目線で問題を予防しておくことにより、安心の老後を迎えられます。早期退職を考えられている場合も安心です。
なお、そもそも不動産は現物資産であることから価値が0になることはあり得ません。築年数が40、50年の物件でも、稼働している物件は数多く存在しています。
不動産の価値が0にならないということは“売れる”、“貸せる”ということです。そのため、不動産投資は長期的かつ安定的に収益をあげる最適の投資方法と言えるのです。

・不動産運用を年金+αの収入に、という考え方
不動産運用と聞くと、多くの方はバブル期のような土地建物の値上がりを狙った売却益メインの投資スタイルを思い浮かべるかと思います。その一方で、昨今の不動産運用は大きく稼ぐのではなく、あくまでも収入を安定的に得るための手段と考える方も増えてきています。
不動産運用をスタートさせ、ローンを完済するとその後の家賃収入はストレートにあなたのお財布に入ってくるようになります。将来を見据えたとき、年金+αとして別の収入を得ることができるのです。

年金対策、保険対策としてなにから始めるべきかお困りの方はコチラから。
プロの専門スタッフがアナタのお悩みを親身にお聞きしお答えします。

勉強会、セミナーも定期的に開催しておりますのでお気軽にお申込みください。
セミナーの開催日を見る

資料請求 個別相談 セミナー情報