転職前の薬剤師と不動産

意外と高い薬剤師の転職率

「薬剤師の仕事をしています」と聞くと世間の人たちはどのようなイメージを抱くと思いますか?
一般的には、「安定してていいなあ」、「誠実そうだな」、「うらやましい」、このような感じではないでしょうか。
そして何よりも医療業界を担っている薬剤師の方々のイメージは抜群の安定感でしょう。
ですが、実は薬剤師は転職活動が盛んな業界なのです。薬剤師の場合、1年目の転職率は約10%、3年以内の転職率は約30%と言われています。
3年以内で30%という数字は決して低い数字ではないです。では何故安定している職業であるにも関わらず転職していく人がいるのでしょうか。
多くの場合は「給料が安い...」、「人間関係がつらい...」などを理由に辞められる方が多くいます。
それに国家資格を有する薬剤師の方々のニーズは非常に高く、転職が容易にできることが転職率の上昇につながっているのではないでしょうか。

奨学金がお財布を圧迫

今の時代2人に1人が借りているとされる奨学金ですが薬剤師の方々も例外ではありません。それどころか薬剤師の場合、医療系の学部である事に加え更に2006年からは6年制が採用されている為他学部に通う人よりもおのずと高いお金がかかるようになっています。
実際に現在私立大学薬学部に通う学生の約4割が奨学金を利用しています。
大学の内はあまり気にならなかったがいざ社会人になって返済がスタートすると毎月毎月返済がきて厳しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
薬剤師の場合奨学金を返済できずに破産というケースは殆どありませんが返済額が多くてその分貯金にお金を回せないという方は多くいらっしゃいます。
このようなお金のお悩みの場合、解決策もやはりお金でしかあり得ません。
奨学金が原因で給与の高い職場に転職を考えるのはある意味当然のことと言えるでしょう。

薬剤師と不動産

高い学費を払い、たくさん勉強して薬剤師になったのにお金の悩みがついて回るというのはあまりに厳しいお話ではないでしょうか。
実はあまり取り上げられませんが薬剤師と不動産投資は非常に相性が良い傾向があります。
何故かというと薬剤師免許は信用力の証だからです。将来的な安定収入が見込めるため不動産会社や金融機関からしてみても物件を紹介しやすく、優良物件を掴めやすい傾向があります。
さらに不動産を幅広く持つことで資産として貯金する事ができます。
例えば節税を図りながら月々1万円の支出で不動産を運用した場合一見マイナスに感じるかと思いますが実際はローン返済額である10万円を他人のお金である家賃収入の9万円で相殺しているので実質9万円得していることになるのです。
早いうちからこの手法で資産を貯金する事でお金の事で悩まずに済むことができるのです。
このような事ができるのも国家資格を有する薬剤師の隠れた特権であると言えます。

年金対策、保険対策としてなにから始めるべきかお困りの方はコチラから。
プロの専門スタッフがアナタのお悩みを親身にお聞きしお答えします。

勉強会、セミナーも定期的に開催しておりますのでお気軽にお申込みください。
セミナーの開催日を見る

資料請求 個別相談 セミナー情報