激怒される看護師と不動産の宿命

あなただけの専属看護師ではありません!!

「ちょっと待っててくださいね~」「もう一度いいですか?」
院内、病棟内の患者さんへ放った一言で怒られる上位2つがこの言葉です。
「ちょっと待ったけど全然戻ってこないじゃないか!」(あなたの召使ではありません。。。)
「1回でしっかり聞いてくれよ!」(そんなに怒らなくても。。。。)
世界は自分中心で回っているかのように押し付けられること誰しも1度はあるのではないでしょうか。
患者さんの中には不安で八つ当たりのように言ってくるのも仕方ない部分はございますが体は1つしかありませんので、限界がありますよね。
それぞれの病院で異なりますが10:1や7:1で患者さんをみておりますので特別視できる環境でなければ時間もないということを理解してほしいですね。

不動産も怒られ続け形を変えてきた

年金対策や保険対策で運用される投資用不動産も怒られ続けアップデートをしてきました。
地震大国である日本は地震が起きるたびに法制定、法改正を行ってきました。1981年以前の建築物は「旧耐震」、以後の建築物の設計基準を「新耐震」と定められております。
東日本大震災では甚大な被害がありましたが実は新耐震基準のマンションなどの全壊件数は少ないのです。
これまでの耐震基準の変化で不動産の耐震基準レベルは世界に誇れる建築技術へと発展していったのです。いわば、怒られるたびに学び続けてきたからこそ少しづつ認められてきたわけですね。
他にも東京都内ではマンション開発が活発化しマンション条例を各区にて設置しまし、質の良いマンションを建築されるようにアップデートされてきました。例えば25㎡以下のワンルームマンションを建ててはいけないなどです。東京へ人口が一極集中している世の中だからこそ良質なマンションを建築しているのです。

看護師の言葉選びと物件選び

患者さんへの対応の最初は大変な経験をされた方多いのではないでしょうか。プリセプターへ相談し受け待ち、受け待ち以外の患者さんの送りを聞いていますが全ての把握は難しいですよね。一つ言葉を誤った際には時すでに遅し、、、
しかし最低限、病室、疾患名、担当医、治療方針の把握をすることにより自然に関係性の構築も出来ると思います。
不動産も同様に物件の場所によってどのような賃貸需要が見込めるのか、その場所の地価は下がっていないかなどの条件をクリアにさせ物件を選ぶことをお勧めいたします。

年金対策、保険対策としてなにから始めるべきかお困りの方はコチラから。
プロの専門スタッフがアナタのお悩みを親身にお聞きしお答えします。

勉強会、セミナーも定期的に開催しておりますのでお気軽にお申込みください。
セミナーの開催日を見る

資料請求 個別相談 セミナー情報